ー 社員インタビュー

自分たちの手で組織をつくる面白さ。プラットフォームをフル活用し、営業が営業に注力できる体制づくりを目指す
2017年 中途入社

Nさん

サービス部 リーダー

きっかけは自社集客。気が付けばネット広告の面白さにのめり込みました

就職活動の時にはエンジニアを目指していましたが、新卒で入社した会社で営業に配属となりました。営業をしながら、インターネットからの問い合わせを増やすというプロジェクトに志願しました。それまで飛び込み営業やテレアポからの営業開拓がメインでしたが、独学で勉強して、リスティング広告を中心に問い合わせの数を増やし、会社の売上に貢献できた事で「これを極めていきたい」そう思いました。

当たり前のように手動で広告を運用していましたが、何とかならないかと思っていました。YahooとGoogleの管理画面をいったり来たり。リスティングだけではなくディスプレイ広告と多くの工数が掛かり大変だな、どうにかならないかと考えていました。

思えばこの時の経験が今の私のキャリアにつながっています。インターネットの力を活用してお問い合わせを増やしてきたという経験を通して、広告の運用を軸に『マーケティング』というものに興味を持ち、スキルを高めていきたいと考えるようになりました。その時、プラットフォームを活用し広告運用をしていたローカルフォリオ(旧社名:リーチローカルジャパン)に出会ったのです。

入社から3年。重要なプロジェクトに携わる日々

現在チームリーダーとして、メンバーの案件の進捗管理や中途入社した人へのレクチャーなどを担当しています。並行して、組織を作っていくという大きなプロジェクトに携わる事ができています。もともと私が在籍している運用チームは依頼を受けて広告の設定を行う役割でしたが、運用からコンサルティングまでできる集団へと生まれ変わろうとしているのです。運用のスペシャリストが増え、一人ひとりが今の2倍、3倍のアカウントを運用できる組織にしていきたいですね。

プラットフォームを活用し中小企業のネット集客を変えていきたい

当社は日本にある9割以上の中小企業を中心に、デジタルマーケティングの支援をしています。多くの企業は、予算の関係から専任の広告運用担当者を社内に置けず、数ある広告媒体の中から自社に最適な媒体を選ぶのは工数が掛かり難しいという現状があります。

実は前職で広告代理店に運用をお願いする時に、ある程度の予算がないとできないと言われていたので、入社時に少額予算の中小企業に対して、ここまで丁寧にサポートできるのか?と思っていました。しかし、当社では、自社で開発したプラットフォームを持っているので、少額予算からでも効率的に広告運用とサポートをすることができるのです。この仕組みをもって中小企業のデジタルマーケティングの集客を変えていきたいですね。

これからも挑戦し続ける人材でありたい

もう一つ魅力に感じているのが、自らこれがしたいと手を挙げ、チャンスを得られる環境がある事です。当社が掲げているValueに革新という言葉があり、高い目標を設定し挑戦し続けている姿勢が大切であるという意味が込められています。例えば、プラットフォームの開発や今回の組織づくりも大きな革新です。

社名がローカルフォリオに変わって走り始めたばかりですので、組織や仕組みを作っていけるフェーズに携われ、とても充実しています。現状維持を良しとせず、これからも地域に根差した企業の成長を後押ししていきたいと思います!