message

トップメッセージ

中⼩企業に「ネット広告」の⼒を

私たちが⾝を置くインターネット広告の世界は、年間2桁規模で成⻑し、2018年には広告費1兆4000億円を突破しています。この⼤きな流れの中で、インターネットの恩恵を活かしきれていないのではないかと感じるのが、地域に根ざした中⼩企業の⽅々です。

例えば、
「チラシをまいたけれど、その効果として、問い合わせ電話がどのくらい増えたか分からない」
「ホームページを作ってはみたものの、その先どうしたらいいか分からない」
そういったお悩みを持つ中⼩企業の皆さまをテクノロジーの⼒でお助けするのが、私たちローカルフォリオです。

効率よくインターネット広告を活⽤した時代にしたい

当社のLocalFolioというサービスは信託型の広告運⽤サービスになります。
今までの当社が提供していたサービスではリスティング広告はリスティング広告、ディスプレイ広告はディスプレイ広告という形で縦割りでの広告運⽤を実施してきました。
しかしながらこの運⽤の形ですと、それぞれの広告⼿法で契約をしなくてはいけない、広告全体で⾒た時の最適な運⽤ができないなどの問題が発⽣していました。

そこで、当社は信託型で広告運⽤を実施することにしたのです。
顧客企業から予算を預かり、アルゴリズムと機械学習を活⽤しながら、どの媒体にどれだけの予算を費やすかを決めて運⽤するという次世代型の広告運⽤へシフトすることにしました。

本気で取り組める⼈と⼀緒に切り開いていきたい

私たちのサービスは、「テクノロジーの⼒」だけかというと、実は全く違います。
システムから導き出された数値を元に「次の⼀⼿をどう打つか」を提案するためには、情熱を持って顧客のビジネスを深掘りし、顧客の真の思いを知るために対話を重ねなければいけません。

私たちが必要とする新たな仲間は、そうしたコミュニケーションをいとわない「⼈間くささ」を持つ⼈です。

中⼩企業に向けたインターネットを使った広告サービスも、⽇本ではまだまだ新しいマーケットです。こうした新たな⼟壌で⾃らが成⻑し、クライアントのビジネスを成⻑させ、ひいては⽇本経済を成⻑させていく。そんな成⻑意欲の持ち主こそ私たちは求めています。

汗を流して、インターネット広告の新たなジャンルを切り拓いてみたい――
そんなあなたと⼀緒に働けるのを楽しみにしています。